仙台銀行のカードローンは、ネットでの申し込みで契約までWebで完結する手続きとなります。

おまとめや借り換えにも便利

金利が年3.5%~14.5%となる仙台銀行カードローンは、いくつかの借り入れがある方の一本化としてのおまとめローンとしての利用や、他社での高い金利で借りている方の借り換え先としても適しています。

大きな限度額で低い金利での借り入れとなるので、細かく複数から借りている場合の一本化であれば返済の負担は大幅に減少ができ、毎月の返済先も一つに絞れるので手間もかからなくなります。高い金利で他社で借りている方は借り換え先として仙台銀行カードローンの利用であれば、単純に金利が下がって返済の負担が軽くなることも考えられます。

おまとめとしても借り換えとしても、仙台銀行カードローンは返済負担を軽くしたい場合に頼れる借り入れ先となります。

現在の返済状況に注意

おまとめとしてでも借り換えとしてでも、現在の返済が正常に行えていなければなりません。返済の負担が大きく既に返済ができなくなっているような状況では、仙台銀行カードローンでのおまとめや借り換えの利用は難しくなってしまいます。

おまとめにしても借り換えにしても、返済ができなくなった際に利用をするものではありません。正常な返済ができているうちに返済の負担を軽くするための使い方となるので、返済ができなくなってから考えてもどうにもならないのです。

既に返済ができなくなっているような方は仙台銀行カードローンでのおまとめや借り換えではなく、その他の手続きによる借金の解決を考えてみるべきとも言えます。

大きなおまとめでお得

複数の借り入れ先で細かく上限金利で借りている場合には、おまとめとして仙台銀行カードローンを利用すると金利負担が大幅に軽減される可能性があります。特に元々の借り入れ先が消費者金融の場合には、おまとめによる金利負担の低下は大きなものとなります。

消費者金融は多くが少額を上限金利での契約となるため、30万円程度までの限度額で17.8%や18.0%の金利での借り入れとなってしまいます。少額の消費者金融からの借り入れがいくつかあると返済の負担も大きくなりますが、仙台銀行カードローンにまとめられれば金利は上限でも年14.5%までとなるので負担が軽くなります。

毎月の返済先が仙台銀行のみで済むのも良い点で、それまではそれぞれの借り入れ先で異なる返済日で返済金額の入金を行っていたのが、毎月20日の約定返済日に返済をすれば良いだけとなります。多くの返済先への期日や金額の確認の手間もなくなるので、仙台銀行カードローンへのおまとめで返済にかかる手間の負担も減少するのです。

カードローンでのおまとめ

金融機関の中には専用の商品としてのおまとめローンを用意しているところがありますが、カードローンでのおまとめを行う仙台銀行カードローンの利用は計画後の利便性でも優れています。

専用のローンを利用するタイプはおまとめ後は返済を進めるだけとなる場合が多いですが、仙台銀行カードローンでのおまとめ利用であれば限度額内で繰り返し借りられます。おまとめ後であっても返済を進めた分は再び借りられるようにもなるので、緊急でお金が必要になっても安心です。

返した分を借りるといった使い方を繰り返しているといつまで経っても返済が終わらなくなってしまいますが、計画的に返済を進めつつ困ったときにだけ借りるのであれば、仙台銀行カードローンでのおまとめは今後の利用にも役立つようになります。

トップへ戻る